ロゴ
HOME>コラム>ホワイトニングで憧れの白い歯へ【歯が白くなる仕組みとは】

ホワイトニングで憧れの白い歯へ【歯が白くなる仕組みとは】

歯

ホワイトニングの仕組み

紅茶やコーヒーなどの飲み物の色が歯についてしまい、口内が汚く見える事がコンプレックスになっている方々に、おすすめなのがホワイトニングです。歯に色がついてしまう原因は2種類あり、外部から汚れが付着した場合と、歯のエナメル質にできてしまった汚れに分けられます。内部的な汚れの場合は、過酸化尿素と過酸化水素を含む特殊な薬剤を使い、色素を分解するのがホワイトニングの仕組みです。薬剤を塗布したマウスピースなどを装着する事で、歯と薬剤が密着した状態を作り出す事によって、短期間で歯の色合いを白くできます。歯のエナメル質と象牙質の両方の色合いを綺麗にできて、ムラのない綺麗な白色の歯が作れるのが、渋谷の歯科のホワイトニングを利用するメリットです。

歯科器具

治療の流れと費用について

誰でも同じホワイトニング剤を使っていれば、綺麗な白い歯を作り出せるわけではありませんから、渋谷の歯科はカウンセリングに力を入れています。カウンセリングで歯の状態を確かめながら、個人の歯の色合いにぴったりな薬剤を選んでくれるからこそ、長い期間をかけずに歯を白くする事が可能です。歯の状態だけでなく歯茎や舌などのチェックも欠かさずに、口内に痛みなどを感じずに治療を済ませられるか、しっかりと意識しながら治療を進めてもらえます。カウンセリングを受ける前には予約を入れておくと、待ち時間の長さに悩まされる事もなく、スムーズに治療を始める事ができます。ホワイトニングは1万円から2万円ほどが相場で、歯の本数によって5万円から8万円ほどが必要になる場合もあるので、まずは医師と相談をしてください。