ロゴ
HOME>クチコミ>オールセラミックが選ばれる理由【口コミをチェックしてみよう】

オールセラミックが選ばれる理由【口コミをチェックしてみよう】

歯

歯が折れてしまったりした場合、差し歯をすることでカバーすることができます。今まではかぶせ物として金歯や銀歯が使われていましたが、今は自然歯と見た目がほとんど変わらないオールセラミックもあります。オールセラミックにして良かったという人の感想を確認してみましょう。

この話題の口コミ

変色しない点が気に入りました[20代/男性]

虫歯の治療をするために歯に被せ物をすることになりました。健康保険を使う治療は金属の被せ物を使うと説明されました。自分の友人が歯を治療した時に「治療した歯がすぐにわかってしまうし、色が汚くなってくる」とボヤいていた事を思い出しました。健康な歯に近い色で変色しない材質で被せ物を作ることはできないかと医師に尋ねました。すると、保険は適用できない治療法であれば要望どおりの物を作ることができると言われました。オールセラミックで被せ物を作れば変色しない、自然の歯に近い色になるそうです。しかし、自費で代金を支払わなければいけません。金額を確認したのですが、歯は生きていくためにないと困ります。それに、自分の年齢で銀歯が入ると老けて見られるかもと考え、オールセラミックの被せ物を作りました。つけた感じは説明されないとどこに入っているのかわからない状態でした。その上で歯のセルフケアも指導され、言われた通りの事を続け、虫歯が増えることはありません。現在でも被せ物は変色することもなく、自然な状態で自分の歯についた状態にあります。

金属アレルギーでも大丈夫なところがいい[30代/女性]

差し歯を作ることになりました。自分は金属アレルギーのある体質なので銀歯を入れることに不安を覚えていました。医師にその事を伝えると皮膚科を紹介してくれました。差し歯を作る前にアレルギーの原因となる金属を特定し、その金属を使わずに差し歯を作ることができると説明されました。紹介された皮膚科で検査を受け原因になる金属を特定することができました。その結果を持って、再度歯科に行きました。すると、差し歯に使える金属すべてが原因になっていて、保険適用のできる材質で差し歯が作れないと言われました。そして、自由診療になるがオールセラミックで作った差し歯しか使えないと言われました。費用が考えていた以上に高額になってしまいますが、歯を悪くしたのは自分の責任なのでオールセラミックの差し歯をお願いしました。元々、肌につけることができない金属を口の中に入れる不安感を思えばセラミックであれば安心して生活することができて満足です。